コンサルタント
ENTRY
バックオフィス
ENTRY
INNOVATION
一社でも多くの
中小企業の「価値」を
次世代につなぐ。
代表取締役社長
笹川 敏幸
TOSHIYUKI SASAGAWA
M&Aとは、企業の経営資源を移動させ、新しい価値を生み出して社会に還元する仕組みであり、企業活動をよりよい形で未来に継続させるための有効な手段です。中小企業の後継者不在が深刻な社会問題となるなか、今こそ企業価値を次世代につなぐためのM&Aを、一つひとつ確実に積み重ねていかなければならないと考えています。
このビジョンを体現していくため、私たちは、リーズナブルな手数料体系を採用しながら、社員一人当たりのM&A支援件数を最大化するという成長戦略をとっています。案件にチームで取り組み、さまざまな強みを持ったメンバーが力を合わせ、M&Aスキームの設計から実行までをきめ細かくサポートしています。また、会社設立からDX化を推進してきたことで、業務の効率化や高品質化を図っています。これらの取り組みが実を結び、一人当たりの年間支援件数は業界平均を大きく上回っています。当社では数多くの経験を積むことで、短期間のうちに社員一人ひとりのスキルが高まり、M&Aコンサルタントとしての成長を加速させているのです。
近い将来、日本企業の持続的な成長を支えるインフラとして、M&Aの役割が広く社会に認識され、より幅広い企業に前向きに活用されるステージが訪れると確信しています。だからこそ今、M&Aのあるべき姿を考え、一社でも多くの幸せを実現するための企業努力を続けていきたいと思っています。
取締役 コンサルティング部長
大谷 聡伺
SATOSHI OTANI
真のプロフェッショナルを目指す。
M&Aコンサルタントは、売り手企業様の想いに親身に寄り添い、買い手企業様の要望によく耳を傾けることが必要です。また、俯瞰的な視野を持ち、柔軟に思考し、お客様双方にとって納得のできる着地点を見出すことが求められます。専門知識はもちろん必要ですが、困難な状況に直面しても粘り強くコミュニケーションを重ねて合意形成に導く「人間力」が、まず重要だと考えています。
それに加えて、専門知識や実践力を身に付けていくためには、それを支援する仕組みも重要になります。当社では経験豊富なプロフェッショナルを中心に、SYSTEM・DX・SUPPORTの3つの観点で独自の体制を構築し、入社いただいた方の成長を支援しています。ぜひ、私たちと一緒に「一社でも多く」を実現していきましょう。
SYSTEM
当社では、複数名からなる“チーム”で1つの案件を担当します。この体制により、コンサルタントは並行して複数案件を手掛けることができるため、早期に経験値を高めることが可能です。また、チームや個人の成果に応じた適切な評価ができるよう、人事制度を整えています。
DX
当社ではコンサルタントがコア業務に注力できるよう、会社設立からDX化を推進し、業務の効率化と業務品質の向上を図ってきました。そのため、ポストコロナのような環境変化にも柔軟に対応することができています。今後も、AIの活用など最先端のデジタル技術を活用し、高付加価値でスピーディーなコンサルティングサービスを提供していきます。
SUPPORT
当社では、10年以上のM&A実務経験者が会社の中核を担っています(ディレクター職以上はすべてM&A実務経験10年以上、常勤取締役はすべてM&A実務経験15年以上)。そのため、彼らの知見を活かした教育・支援体制づくりを行うことで、コンサルタントの成長を加速させています。プロフェッショナルたちによる研修プログラムの実施だけでなく、実務においてもいつでも相談できる環境があるため、さまざまな知見を基に案件を推進していくことができます。